ホーム

top

 2006年にマウス細胞で、2007年にはヒト細胞で創生されたiPS細胞技術は、生命科学の様々な領域に大きなインパクトを与え、その成果は高く評価され開発者の山中伸弥教授が2012年度のノーベル医学・生理学賞を受賞するに至りました。医学・医療へのiPS細胞技術の応用は、細胞移植による再生医療のみならず、様々な応用が考えられています。その一つ、特定の遺伝性疾患に罹患している方からiPS細胞を樹立して(疾患特異的iPS細胞)、疾患の発症機構を解明し、新たな治療法・治療薬の開発を目指すという応用があります。特に症例数が少ないことから治療法の開発が遅れていた希少疾患に対する応用が期待されています。このような背景のもと、平成24年度より、文部科学省と厚生労働省の協働事業として、「疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究」が開始され、感覚器系、中枢神経系、造血系、心血管系、そして私たちが提案した筋骨格系の五つの領域の課題が採択されました。

 筋骨格系の領域には数多くの遺伝性疾患が存在しています。中には原因遺伝子が判明しており、治療法の開発が進められているものもありますが、多くの疾患では、対症療法に限定されています。このプロジェクトでは、厚生労働省より難病研究の対象とされている筋骨格系の遺伝性疾患について、文部科学省の支援を受けて疾患特異的iPS細胞を樹立する研究者、日頃から患者さんと接して診断治療にあたっている厚生労働省の難病研究班に所属する研究者、そして新しい治療法・治療薬の開発を目指している製薬企業の研究者の三者が一体となって、筋骨格系の難病で苦しんでおられる方々にiPS細胞技術の成果を還元することを目指します。

Topics

【一覧へ】
2015年02月06日
平成26年度第2回骨・軟骨領域カンファレンスを開催しました。
2015年02月06日
平成26年度(後期)技術講習会を開催しました。
2014年10月28日
平成26年度(前期)技術講習会を開催しました。
2014年10月10日
クライオピリン関連周期熱症候群の患者さん由来iPS細胞を用いて軟骨形成亢進のメカニズムを解析した論文が、Arthritis & Rheumatologyに掲載されました。
2014年09月18日
スタチンが軟骨無形成症の病態を回復することを示した論文が、Natureに掲載されました