ホーム > iPS細胞について

iPS細胞について

 iPS細胞(induced pluripotent stem cells)は、2006年に山中伸弥教授らによって作製された新しい多能性幹細胞(pluripotent stem cells)です。人間の皮膚などの体細胞に、いくつかの遺伝子を導入することにより人工的に作製されるため、人工多能性幹細胞あるいは人工万能細胞とも呼ばれています。

 iPS細胞は、受精卵から作製される多能性幹細胞であるES細胞(embryonic stem cells: 胚性幹細胞)とよく対比されます。ES細胞の方が歴史も長く、研究が進んでいます。しかし一方で、生命の萌芽である受精卵を研究や治療に使用することに関する倫理的な問題や、あるいは移植後の拒絶反応などの問題点があります。これに対し、iPS細胞は体細胞を使って作るため受精卵を破壊する必要がなく、倫理的問題は回避されます。また患者さん本人の細胞から作製することができるため、細胞移植治療に用いても拒絶反応が起こらないと考えられます。

 iPS細胞作製には、当初は細胞のガン化を引き起こす可能性のあるウィルスを使っていましたが、現在はウィルスは用いず、プラスミドを使ってiPS細胞の樹立に成功しています。

 iPS細胞は病気の原因の解明、新しい薬の開発、細胞移植治療などの再生医療に活用できると考えられています。難治性疾患の患者さんの体細胞からiPS細胞を作り、それを骨格筋、骨、軟骨などの患部の細胞に分化させ、その患部の細胞の状態や機能がどのように変化するかを研究することで、今まで分からなかった病気の原因が解明できる可能性があります。

ips細胞の概要図